共通テスト2柱を失う【記述式延期】

スタッフ日記

共通テストの記述式問題、実施延期へ

 

12月17日、正式に共通テスト記述式問題の実施延期が発表となりました。
英語の民間検定試験活用の延期が発表された際に大方の予想はされていましたが、政治的な判断が強い今回の延期かと思います。

これまで学校や生徒、保護者、塾予備校、多くの関係者が長きにわたって準備を進めてきた共通テスト。その準備もむなしく大臣の「身の丈」発言から一気に瓦解していきましたね・・・。

それぞれの関係者が投資してきた時間と費用が全てムダになってしまいました(生徒達は準備相応の学力がついたという点では決してムダではありませんが)

 

そもそも何が問題だった?

 

共通テストの目玉である『英語の民間検定試験』と『国語と数学の記述式問題』ですが、導入背景には賛同できるものの、実施においては課題が多く残る改革でした。その課題は主に次のものが挙げられます。

 

◆英語の民間検定試験導入の問題点

・請け負う民間検定試験実施団体にとって受験会場の確保が困難だった
・受験会場が限られていて地方の生徒の受験機会が保証できない
・地方の生徒が受験する場合の時間や費用的な負担が大きい
・CEFRがあるものの、全く異なる試験同士で公平な判断ができるか疑問
・受験生への勉強面での負担が増加

 

◆記述式問題導入の問題点

・約50万人分の採点を約20日間で行うためのマンパワーの確保
・採点基準があるものの、公平に採点ができるかが疑問
・受験生にとって自己採点が正確にできるかが不安

 

導入を進めつつ解決していこうとしていたとは思いますが、延期が発表された時点で上記は未解決。
入試まであと1年のタイミングでこの課題の多さだったわけです。

 

共通テストはどうなる

 

記述式が無くなることで、国語と数学は今までのセンター試験通りにほぼ近い形に落ち着くかと思います。

英語については民間検定試験の活用が前提で作問や配点が新しく予定していましたが、こちらはこのまま新しい内容でいくようです。リーディング100点・リスニング100点となります。
ただしどちらの配点を重視するかは各大学によって変わってくるようです。志望校の配点比率をよく確認しましょう。

 

 

準備に振り回されたものが全くの徒労に終わってガックシくる反面、余計な負担をしなくて済むようにもなって、まったく良かったのか悪かったのかわからなくなる一連の流れ。

高校2年生はいよいよ受験まであと1年です。

新制度の方は、いったん落ち着いたかとは思うので、1年後に向けた準備を年内中に終わらせて新年から気持ちを新たにスタートできるようにしましょう!

 

 

お問合せ・資料請求・説明会予約はこちら!

 

 

■トップページへ戻る(仙台市の中学生・高校生の塾なら真友ゼミ!)

トップへ戻る