勤労感謝の日ってホントはどんな日?

スタッフ日記

今日は11月23日、勤労感謝の日ですね。

勤労感謝の日って一体どういう日なのでしょうか?字の通りですと、働くことに感謝、あるいは働いている人に感謝する日のように取れますよね。

今でこそ国民お互いに感謝する祝日になっていますが、元をたどると全く違う意味の日だったんです。

 

元々は『新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)』と言われる祭事を行う日で、簡単に言うと新穀収穫を祝う祭日でした。祭日は、皇室の祭典を行なう日を指します。天皇や神に深い関係のある行事の日だったんですね。

しかし、それが第二次世界大戦の敗戦後にGHQの指令(国家と神道を分離させる)を経て今の勤労感謝の日と形を変えることとなったのです。
『神風』という言葉があるように、先の戦争での日本人の精神的な強さは天皇や神に対する信仰心の強さだと思われています。そこで日本を占領したGHQは、ことあるごとに日本国民から神や天皇を切り離して弱体化させていこう!という占領政策をとったわけです(神道指令

少々話が大雑把になりましたが、これが祭事が勤労感謝の日になった大きな理由です。

由来を知ることは歴史を知ることに結びつきます。少しでも「なんでだろう?」と感じられた方は、ぜひ一度ご自分でも調べてみて下さい。意外な発見がたくさんありますよ!

 

由来とは違いますが、せっかくの祝日ですので、この日は普段働いてくれている親御さんに感謝してくださいね。
(ちなみに真友ゼミ仙台校は入会前に親孝行を約束させる塾です!)

トップへ戻る