インフルエンザの対策を

スタッフ日記

全国的に大流行中のインフルエンザ。受験生にとっては一つの脅威ですね。

さすがに受験生は予防接種をしているかとは思いますが、予防接種をしていても感染してしまうことはあります。
油断することなく、できる範囲で予防を心がけましょう。

 

■症状

インフルエンザの症状の特徴は、通常の風邪のような咳や鼻水などに加えて38度以上の高熱と全身の関節痛や筋肉痛などの倦怠感を伴います。発症は急激に起こるため、少しでも全身の痛みを感じたらインフルエンザを疑って医師に診てもらった方が良いです。

 

■感染のしかた

主に飛沫感染と接触感染の2つです。

飛沫感染は、インフルエンザを抱えている人の咳やくしゃみなどを受けて体内にウィルスを入れてしまうパターンです。
接触感染は、インフルエンザを抱えている人が咳やくしゃみなどをする時に手で抑え、その手でドアノブや電気スイッチなど色々なところを触ります。そのウィルスが付着した部分を触ってしまい、その手でモノを食べる時に体内に入るパターンです。

 

■予防のしかた

幸い空気感染は無いので、物理的にウィルスを体内に入れないようにすればいいわけです。

咳やくしゃみは1~2m程度飛ぶそうなので、そのような人にはあまり近づかないこと。もしくはマスクを着用して出かけましょう。接触による感染は手洗いで防げます。帰宅したらしっかり手を洗い、手づかみでモノを食べないようにしましょう。

 

 

インフルエンザは薬を飲むと2日程度で熱が治まり元気にはなります。ただ、熱が下がった後も体内のウィルスを排出し続けるそうなので、そこからさらに3日程度の療養が必要となります。

大学受験シーズン真っ只中。大切な時期ですので、出かける時はマスクを着用しましょう!防寒にもなるので良いですよ!

トップへ戻る