センター試験、自己採点が終わったら・・・

スタッフ日記

今年のセンター試験が終了しました。センター試験の正式な結果は春ごろ手元に届くため、自己採点が必要になります。

この自己採点の結果次第で、どこの国公立大に出願するかを考えていきます。基本的に国公立大は前期と後期の最大2回までの受験チャンスであることが通常の受験生ですので、慎重に選んでいきます(人によっては中期日程や独自日程の大学を受けようとすると最大5回程度まで国公立大を受けられます)

出願をする際に気をつけたいポイントが配点比率です。各大学の出願要項に記載があるのですが、センター試験をどのくらいの点数に換算して合否の判断材料にするかが大学や学部によって異なります。

そのため、例えばセンター試験で「少し失敗したな・・・」と思っても、個別学力試験の点数の方が見られてしまう大学であれば合格できる可能性がまだあるということです。

地方の国公立大の場合はセンター試験重視、旧帝大などの難関レベルは二次試験を重視する傾向が強いです。

センター試験の結果がどうあれ、まずは落ち着いて志望校の配点比率を確認してみましょう!

もしかしたらまだまだ逆転できるチャンスがあるかもしれませんよ。

トップへ戻る