イチロー選手から学ぶ

スタッフ日記

突然の引退となったイチロー選手。日本人で知らない人はいないくらいの名野球選手ですね。
野球をとことん追求して高みを歩み続けたイチロー選手だからこそ、発する言葉には説得力があります。

受験勉強や進路選択に重なる部分もあるので、今日は二つご紹介しようと思います。

小学校の卒業文集

 

ぼくの夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるためには練習が必要です。
ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが3年生の時から今では、365日中360日は激しい練習をやってます。だから1週間中で友達と遊べる時間は、5~6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。

そして中学、高校と活躍して、高校を卒業してからプロに入団するつもりです。
そしてその球団は、中日ドラゴンズか西武ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。ぼくが自信があるのは投手か打撃です。去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO.1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームラン3本を打ちました。そして、全体を通した打率は5割8分3厘でした。このように自分でも納得のいく成績でした。そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球が出来ました。

だからこの調子でこれからも頑張ります。そしてぼくが一流の選手になったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも「夢」のひとつです。とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。

有名なイチロー選手の小学校卒業文集です。
ポイントは目標が明確であること、努力を積み重ねたがゆえの自信を持っていること。
そして、最後には「プロ野球選手になりたいと思っている」ではなく「プロ野球選手になる」と宣言をしていることです。

受験勉強も同じです。

まずは目標を明確にすること。「とりあえずどこでもいいから大学に行きたい」よりも「○○学部でこんなことを学ぶ!」「○○県に住みたいから○○大に行く!」
理由は何でもいいです。小さなことでも良いので具体的な目標を設定してみましょう。

そして、勉強に自信が無い方。「これだけ勉強したんだから大丈夫!」と思えるまで勉強してみましたか?
成績を上げるための近道はありません。日々の積み重ねが自信と結果を作り上げます。

 

引退会見

 

生きざまというのは僕にはよく分からない。生き方という風に考えれば、先ほどもお話ししましたけど、人よりも頑張るなんてことはとてもできない。あくまでも「量り」は自分の中にある。量りを使いながら、自分の限界をちょっと超えていく。そうするといつの日かこんな自分になっているんだ。少しずつの積み重ねでしか、自分を超えていけないと思っているんですよね。一気に高みにいるとすると、今の自分とギャップがありすぎて、それを続けられない。地道に進むしかない。ある時は後退しかしない時もあるので、自分がやると決めたことを信じてやっていく。でも、それは正解とは限らない。間違ったことを続けているかもしれない。遠回りをすることで、本当の自分に出会えると思っている。

良い意味で「人は人、自分は自分」と割り切ることです。他人と同じ努力の積み方、目標に向けて一気に近づこうとする無理なやり方では途中で疲れて目標まで走れなくなります。

今の自分の実力と目標までの距離を知り、それに向けて毎日どのくらいだったら自分はがんばれるか。受験勉強も長期戦だからこそ、自分に合う努力の積み方をしていきましょう。

 

 

 

偉大な成績を残し続けてきた人ですが、その裏には日々の積み重ねがあったわけです。イチロー選手だけではなく、活躍している人たちは陰で想像を超える努力をしています。

「今回のテスト全然勉強しなかったわ~」と言って高得点を取る同級生も陰で勉強をしています。

この言葉を読んで、

「イチロー選手だからできたこと」「彼は元々天才だったからできたんだ」

という風に考えずに、まずは素直に言葉の通り受け取って、真似できるところは真似してみましょう。

 

 

トップへ戻る