受験で成功するための3つの条件【その③】

受験生活アドバイス

高校受験、大学受験で「失敗してもいいや」と考えている人はいませんよね。少なくとも受験生全員が自分の望むような結果になることを願って勉強を頑張ります。3年生になってから、部活が終わってから必死に追い込みをかけます。

ただ、受験で成功するかどうかは日頃の行動や考え方も大きな影響を及ぼします。

そこで、タイトルにもあるように全3回に分けて『受験で成功するための3つの条件』をお届けします!

 

船井総研という企業の創業者・船井幸雄氏が唱える『成功の3条件』というものがあります。もともと経営者や社会人が仕事で成功するための条件として唱えられたものですが、受験勉強にも当てはまることなのでぜひ読んで実践してみてください!

 

 

条件その③ プラス思考であれ

 

「できない理由ではなく、できるやり方を思考すること(実行するためにはどうしたら良いかを考える)」

 

現代はあらゆる情報で溢れかえっています。しかし、その情報の使い方を間違えてはいけません!

勉強・受験において情報と言えば、例えば模擬試験の結果データですね。思ったような成績を取れなかった時にどう考えるかが大切です。

「志望校判定がEだったからもう無理・・・」
「志望校を変えよう・・・」

と、このように考えてしまうよりも

「どこが問題でE判定だったのか」
「どの科目が・どこの単元が原因だったのか」

と、このように考えます。

「判定が悪いから受からない、無理」ではなく、
「志望校に受かるには何が足りなくて何をやるべきか」と考えることです。

 

模擬試験はあくまでもその時点での実力です。判定は目安であり、最終的に本番までに完成させることができるかどうかです。模試の判定でいちいち立ち止まるくらいなら、判定を気にせずにやるべきことを機械的に進める方が良いです。模試の結果データ表について、志望校判定よりも設問別・単元別の点数を気にするようにしましょう。

 

あとは、

「部活が忙しいから勉強できない」「バイトが忙しいから勉強できない」「宿題が多いから受験勉強できない」「進路が決まらないから勉強できない」など

「〇〇だから~~できない」と、できない理由を考えるのではなく、「〇〇するには~~しよう」と、できるやり方を考えましょう!

以上の事は、その1・その2でお話しした「素直さ」と「行動力」が必要となります。

 

自分の今の状況を客観的に見て受け止める素直さ。考えたことを実行する思い切りの良さ。
勉強はほとんどの人が面倒だと感じ嫌いな事です。なので、マイナスに考えることはある意味仕方のないことかもしれません。

でも、面倒だから・嫌いだからと言って放っておいたら、最終的に自分の将来の選択肢・可能性の道を一つずつ確実にへし折っていくことになります。

 

スタジオジブリで活躍した宮崎駿氏が取材で発した印象的な言葉があります。

「世の中の大事なことってたいてい面倒くさいんだよ」

 

「面倒だ、面倒だ」と言いながら作品作りをしていた姿が印象的でした。

成功している人は小さな面倒を積み重ねて結果を出しています。これは受験勉強でも全く同じです。自分のなりたい姿になるために、みなさんもプラス思考で力を積み上げていきましょう!

 

 

以上、全3回にわたって『受験で成功する3つの条件』をお届けしました。ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

受験で成功するための3つの条件【その①】
高校受験、大学受験で「失敗してもいいや」と考えている人はいませんよね。少なくとも受験生全員が自分の望むような結果になることを願って勉強を頑張ります。3年生になってから、部活が終わってから必死に追い込みをかけます。 ただ、受験で成功する...

 

■トップページへ戻る(仙台市の中学生・高校生の塾なら真友ゼミ!)

トップへ戻る