短冊に何を願う?~七夕の起源・由来を知る~

スタッフ日記

7月7日といえばご存知七夕の日ですね(仙台では8月ですが)

七夕と言えば織姫・彦星のお話と短冊に願いを込めて笹の葉にぶら下げることがメジャーかと思います。

例によって伝統行事の起源は諸説あるのですが、七夕は

・日本の神事「棚機(たなばた)」
・織姫と彦星の伝説
・中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」

という3つの行事があわさったものとされています。

■棚機(たなばた)
棚機は、乙女が織った着物を棚にお供えし、神様を迎えて秋の豊作を祈ったり人々の汚れをはらう禊ぎ(みそぎ)行事のことです。
川などの水辺にある機屋(はたや)にこもって着物を織ります。その時に使われた織り機が棚機という名前でした。
仏教が伝わったのちは、この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになり、そこから現在の「七夕」とあてられるようになったとされています。

■織姫と彦星
こちらはご存じのストーリー。ベガとアルタイルが旧暦の7月7日に天の川を挟んでもっとも光り輝くように見えたところから、この日を一年に一度のめぐりあいの日と中国で考えられたのが始まりです。

■乞巧奠(きこうでん)
こちらは、7月7日に織物や裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれた中国の行事です。祭壇に針などを供えて星に祈りをささげたそうです。その後、織物だけでなく芸や書道などの上達祈願も行われるようになったそうです。

 

このように様々な行事があわさったり、時代を経て今の七夕になっているようです。

笹の葉に短冊をつるす飾り付けは、江戸時代の寺子屋の生徒たちが習字や習い事上達の祈りを込めて短冊に書いたのが広まったとされています。なので、七夕では「〇〇が欲しい」というよりも、何かの「上達」をお願いすることが正しいようですね。

年に一度のこの日に、みなさんも部活や趣味、大学受験の勉強面の上達・向上を願ってみましょう。

(願うだけではなく、願ったことが上達するように実践もしましょうね!)

 

 

 

■トップページへ戻る(仙台市の中学生・高校生の塾なら真友ゼミ!)

トップへ戻る